池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

移動は身軽に社内では正装 夏こそスニーカー通勤のススメ

公開日: 更新日:

 会社のロッカーに、ジャケットやネクタイを置いている人は多い。今時分はクールビズの軽装が認められているが、大切なクライアントなど、礼を尽くすべき相手が来社した際に、身なりを整えるためだ。

 それならば、会社に「置き靴」もしてもらいたい。通勤時は足取りも軽いスニーカーを履き、オフィスでは正装用の革靴に履き替える。通勤に重たい革靴で足を引きずりながら、オフィスでは楽チンな「サンダル履き」というのは、本来、逆であるべきだ。

 少し前に「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動が騒がれた。女性に職場でのヒール・パンプスの強制をなくそうというものだ。しかし、これには疑問を呈す。ヒールやパンプスは、あくまで「正装用の靴」であり、ビジネスという正装の場では自発的に履くべき靴だ。

 もちろん「強制」されるべきものではないが、「勤務時間中に足が苦痛だからヒールを履きたくない」というのは、「冠婚葬祭に窮屈だからTシャツ&ジーンズで出席したい」と言っているようなもの。これでは礼節にもとる。男が毎朝スーツを着て、革靴を履いて仕事に行く理由は、そこが正装で臨むべき神聖なる職場であり、しのぎを削る戦場だからに他ならない。戦いの場に、丸腰で出掛けるものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る