石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

“メタ認知能力”の高さを生かしうつ病経験をカードゲームに

公開日: 更新日:

 広瀬眞之介さん(36)は、IT(情報技術)と地域活性の組み合わせに興味を持ち、デジタルハリウッド大学大学院で学んだ後にベンチャー企業での勤務や自身での起業を経験するが、うつ病を発症。数年の休養とリハビリを経て、コワーキングスペースの運営、新規事業コンサルタント、自分自身での起業などで仕事に復帰。復帰後の年収は1000万円を超えていた時期もあるそうだ。

 広瀬さんは周辺視野の広さ、耳の良さ、人の感情を予測する共感能力の高さがあり、状況を細かく把握することで、事前にリスクを排除したり、人を喜ぶ仕掛けをつくってマネジメントを成功させてきたそうだ。

 広瀬さんはその状況把握能力のことを人気漫画「HUNTER×HUNTER」の「円」という超能力にたとえてくれた(笑い)。「円」は集中を高めて、周りの人の感情を読み取ったり、状況を詳しく把握する特殊能力のこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る