猛暑で130万着の大ヒット!「空調服」の発明者を直撃した

公開日: 更新日:

 どんなに暑くても裸で作業するわけにいかないのが建設現場の作業員。しかし最近は意外と涼しい顔が多い。その秘密は作業着の腰部分に取り付けられたファン。服の中に空気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことで汗を気化させ、体感温度を下げるという。

 これは「空調服」といい、その名も「株式会社空調服」の特許商品。特に猛暑の今夏は目にした人も多いだろう。発明した市ケ谷弘司会長を、日刊ゲンダイは5年前に取材していた(当時は社長)。

 市ケ谷さんは元ソニーのエンジニア。ブラウン管を研究していたが、中途退職して起業。15年ほど前に空調服を発売した。

 東南アジアでビルの作業員が汗だくで働いているのを見て、“着るだけで体を冷やす服を作ったら売れるんじゃないか”と考えたのがきっかけだ。

 最初は服の裏側にパイプで水を通す仕組みを考えたが水漏れ。そこで「汗」に着目。汗を素早く気化させれば、気化熱が奪われて涼しくなると考えたのだ。名付けて「生理クーラー理論」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る