猛暑で130万着の大ヒット!「空調服」の発明者を直撃した

公開日: 更新日:

 どんなに暑くても裸で作業するわけにいかないのが建設現場の作業員。しかし最近は意外と涼しい顔が多い。その秘密は作業着の腰部分に取り付けられたファン。服の中に空気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことで汗を気化させ、体感温度を下げるという。

 これは「空調服」といい、その名も「株式会社空調服」の特許商品。特に猛暑の今夏は目にした人も多いだろう。発明した市ケ谷弘司会長を、日刊ゲンダイは5年前に取材していた(当時は社長)。

 市ケ谷さんは元ソニーのエンジニア。ブラウン管を研究していたが、中途退職して起業。15年ほど前に空調服を発売した。

 東南アジアでビルの作業員が汗だくで働いているのを見て、“着るだけで体を冷やす服を作ったら売れるんじゃないか”と考えたのがきっかけだ。

 最初は服の裏側にパイプで水を通す仕組みを考えたが水漏れ。そこで「汗」に着目。汗を素早く気化させれば、気化熱が奪われて涼しくなると考えたのだ。名付けて「生理クーラー理論」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る