三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

「村山談話」見直し表明の首相が韓国に「約束守れ」の滑稽

公開日: 更新日:

 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに、日本政府が反発している。もちろん、せっかく築き上げてきた関係をご破算にするような行動は慎むべきだ。対立の範囲を拡大することはお互いの利益にならない。

 とはいえ安倍政権の対応も疑問だ。文政権を批判するだけで、解決の糸口を探っているようには見えない。日本経済は先行きが見えず、株価も下落している。そんな現状を韓国批判で覆い隠そうとしている感じだ。

 安倍さんは「日韓請求権協定に違反するなど国と国との信頼関係を損なう対応が続いている」「約束をまずは守ってもらいたい」と話している。確かに日本は明治維新で体制が変わっても、徳川幕府が諸外国と結んだ不平等条約を勝手に反故にはしなかった。国家間の約束は政権が代わっても守ってきた歴史がある。


 だが、安倍さんはどうだろう? 1995年に戦後50年の節目として出された村山談話で認めた「侵略」や「おわび」を口にすることはない。それどころか、自民党総裁選では、村山談話の見直しを表明、「村山談話をそのまま継承しているわけではない」との答弁もやっている。慰安婦の強制性を認めた河野談話について、菅官房長官が検証の必要性を訴えたこともあった。歴代政権が積み上げてきた歴史認識を堅持しようという姿勢は希薄だ。むしろ、スキあらば修正しようというスタンスに見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る