三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

「村山談話」見直し表明の首相が韓国に「約束守れ」の滑稽

公開日: 更新日:

 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに、日本政府が反発している。もちろん、せっかく築き上げてきた関係をご破算にするような行動は慎むべきだ。対立の範囲を拡大することはお互いの利益にならない。

 とはいえ安倍政権の対応も疑問だ。文政権を批判するだけで、解決の糸口を探っているようには見えない。日本経済は先行きが見えず、株価も下落している。そんな現状を韓国批判で覆い隠そうとしている感じだ。

 安倍さんは「日韓請求権協定に違反するなど国と国との信頼関係を損なう対応が続いている」「約束をまずは守ってもらいたい」と話している。確かに日本は明治維新で体制が変わっても、徳川幕府が諸外国と結んだ不平等条約を勝手に反故にはしなかった。国家間の約束は政権が代わっても守ってきた歴史がある。


 だが、安倍さんはどうだろう? 1995年に戦後50年の節目として出された村山談話で認めた「侵略」や「おわび」を口にすることはない。それどころか、自民党総裁選では、村山談話の見直しを表明、「村山談話をそのまま継承しているわけではない」との答弁もやっている。慰安婦の強制性を認めた河野談話について、菅官房長官が検証の必要性を訴えたこともあった。歴代政権が積み上げてきた歴史認識を堅持しようという姿勢は希薄だ。むしろ、スキあらば修正しようというスタンスに見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る