「住みたい田舎1位」で脚光 山梨県北杜市の気になるその後

公開日: 更新日:

 山梨県北杜市――。近年、「田舎暮らし」や「移住したい」町として、たびたび雑誌やテレビに取り上げられてきた。某誌の「住みたい田舎」ランキング(2018年)では、1位になったこともある。

 東京から、最寄りの中央道・長坂ICまで車で約2時間。高速バスでもバスタ新宿から約2時間半だから、距離的にも“遠くの田舎”というイメージはない。

 だが、同市役所によると、この3年間の移住者数は減少傾向だという。その数はこんな具合だ。

◇2016年…1396人
◇2017年…854人
◇2018年…768人

 同市の人口は4万6876人だから、16年には人口の2.9%もの人が転入してきた計算か。人口減少が進む地方都市の多くが移住者の受け入れに躍起になっている中だけに、さぞや驚いたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る