“二股報道”小泉進次郎タイプの男性を見分ける重要サイン

公開日: 更新日:

 8月7日に電撃入籍を発表した小泉進次郎環境相(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)。かつての進次郎氏なら“初入閣”はサプライズだったのかもしれないが、今回は冷静に受け止めた女性有権者が多そうだ。奔放な女性遍歴と“二股トラブル”を週刊文春(8月29日号)が報じたことが今も尾を引いているのかもしれない。

 思い返せば進次郎氏は会見時、マスコミに騒がれることを警戒して「(滝川と)一度も2人で外出をしたことがない」と話していた。裏を返せば、そこまで徹底して秘密を守れば二股もバレにくかったということだろう。もちろん、進次郎氏としては立場をわきまえた行動だったのかもしれないが、世の二股男はこうした口実を悪用していそうだ。そこで地味に婚活をしながら婚活ウオッチャーでもある筆者は、婚活仲間の女性たちに二股男の経験談を聞いてみた。

「会うのは女性の部屋ばかりで、自分の家には絶対入れない男性は二股男、もしくは妻子持ちなんてよくいわれますよね。私は彼の家で会うことも多かったので、すっかり油断していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る