菊池康平さん<2>パソナに就職、会社員として働き始めた

公開日: 更新日:

 最初は「とりあえず内定だけもらえれば」と思っていた就職活動でしたが、何社も不採用となっていくうちに、内定というものの価値を実感するようになりました。そして「採用してもらえるなら、絶対にその会社に就職しよう」と思うようになったんです。

 結果、内定をもらったのは総合人材サービス会社の「パソナ」でした。いくつも受けた会社のうちのひとつだったのですが、面接時に他の学生たちの話が面白かったのが印象的でした。海外でボランティアをやっていた人や、たくさんの国に行った経験のある人など、視野の広い人が多くて、こういう人たちが同期になる会社で働いてみたいなと思ったんです。

 でも同時に、会社に入ってもプロサッカー選手になることは諦めないということも、強く思っていました。

 内定をもらった後は大学の単位を頑張って取り、また4年生の夏休みにタイに行って飛び込みでプロチームに挑戦しました。プロになったら内定を蹴ろうというつもりではなく、入社するギリギリまで、短い期間でもいいからプロとしてプレーすることができればという気持ちだったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る