菊池康平さん<2>パソナに就職、会社員として働き始めた

公開日: 更新日:

 最初は「とりあえず内定だけもらえれば」と思っていた就職活動でしたが、何社も不採用となっていくうちに、内定というものの価値を実感するようになりました。そして「採用してもらえるなら、絶対にその会社に就職しよう」と思うようになったんです。

 結果、内定をもらったのは総合人材サービス会社の「パソナ」でした。いくつも受けた会社のうちのひとつだったのですが、面接時に他の学生たちの話が面白かったのが印象的でした。海外でボランティアをやっていた人や、たくさんの国に行った経験のある人など、視野の広い人が多くて、こういう人たちが同期になる会社で働いてみたいなと思ったんです。

 でも同時に、会社に入ってもプロサッカー選手になることは諦めないということも、強く思っていました。

 内定をもらった後は大学の単位を頑張って取り、また4年生の夏休みにタイに行って飛び込みでプロチームに挑戦しました。プロになったら内定を蹴ろうというつもりではなく、入社するギリギリまで、短い期間でもいいからプロとしてプレーすることができればという気持ちだったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る