モバイルバッテリー発火事故増 確認すべきは「PSEマーク」

公開日: 更新日:

 この季節に気をつけたいのは「熱中症」だけではない。消費者庁では、スマホやタブレットを充電する「モバイルバッテリーの事故に注意」「帰省や旅行の時期、公共交通機関の中での事故は特に危険」などと呼びかけている。

 もちろん、それには理由がある。同庁には2013年6月から今年6月末までに、モバイルバッテリーに関する事故情報が計162件寄せられており、年々増加傾向に。そのうち78件が「発煙・発火・過熱」で、「火災」も39件起きている。

 モバイルバッテリーは今年2月から、技術基準などを満たしていることが確認され、PSEマークと届け出事業者の名称などが表示された製品でなければ、国内で販売禁止になった。

「ところが、それ以前の製品を持っている人が、まだ大勢いる。昨年9月には新幹線の中で、カバンに入れていたモバイルバッテリーが破裂し、両足に全治2週間ほどのやけどを負う事故が発生しました。新幹線が15分ぐらい止まる騒ぎで済みましたが、もし近くに可燃物があれば、大惨事になっていたかもしれないわけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る