11月の株主優待はクオカードや食事券などお得がテンコ盛り

公開日: 更新日:

 11月末に権利が確定する株主優待銘柄は少ないながら、注目すべき優待はある。「QUO(クオ)カード」や「ジェフグルメカード」など、使い勝手のいい優待が揃っている印象だ。25万円以下(株主優待の権利が得られる最低投資金額)の銘柄からいくつかピックアップしてみた。

 全国共通の商品券(プリペイドカード)であるQUOカードは、やっぱり狙い目。たとえば、総合建設コンサルタント事業を展開するE・Jホールディングスの優待は、100株保有(最低投資金額14万6300円=11月5日終値で算出。以下同)で、1000円分のQUOカードがもらえる。保有株式数に応じて金額はアップ。5000株以上で最大5000円分となる。

 ハウスメーカーのタマホームもチェックだ。100株(18万6800円)以上保有でもらえるのは500円分のQUOカード。ちょっと少ないように思えるが、タマホームの優待は年2回。持ち続けていれば5月にもまた500円分をゲットできる。さらに3年以上継続保有なら金額が2倍に。つまり1000円分×年2回という計算になる(2019年11月現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る