11月の株主優待はクオカードや食事券などお得がテンコ盛り

公開日: 更新日:

 11月末に権利が確定する株主優待銘柄は少ないながら、注目すべき優待はある。「QUO(クオ)カード」や「ジェフグルメカード」など、使い勝手のいい優待が揃っている印象だ。25万円以下(株主優待の権利が得られる最低投資金額)の銘柄からいくつかピックアップしてみた。

 全国共通の商品券(プリペイドカード)であるQUOカードは、やっぱり狙い目。たとえば、総合建設コンサルタント事業を展開するE・Jホールディングスの優待は、100株保有(最低投資金額14万6300円=11月5日終値で算出。以下同)で、1000円分のQUOカードがもらえる。保有株式数に応じて金額はアップ。5000株以上で最大5000円分となる。

 ハウスメーカーのタマホームもチェックだ。100株(18万6800円)以上保有でもらえるのは500円分のQUOカード。ちょっと少ないように思えるが、タマホームの優待は年2回。持ち続けていれば5月にもまた500円分をゲットできる。さらに3年以上継続保有なら金額が2倍に。つまり1000円分×年2回という計算になる(2019年11月現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る