ラグビーW杯日本大会で気になる 日本人の主審がいない理由

公開日: 更新日:

「2007年以前は参加国の中から1人選ばれていましたが、それ以降は4~12年かけてセレクションが行われる“狭き門”となっています。国際競技連盟の『ワールドラグビー』がW杯の主審を決めるのですが、ピッチに立つにはW杯の下部大会である“スーパーラグビー”や“ヨーロピアンカップ”の準々決勝以上の試合に出て、主審として結果を残さなければなりません」

 久保さんは16~18年はスーパーラグビーで主審として活躍したが、19年から副審に“降格”。

「経験を積み、数年で結果を出さなければならない過酷な状況で、(久保さんの)経験不足は明らかでしたね。しかし、それまでの実績や実力が認められ、開催国ということもあり、W杯の副審に選ばれたのでしょう」(原田隆司氏)

 もっとも、今後、日本人が主審としてW杯の舞台に立つための「対策」と「育成」に抜かりはないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る