7割が勘違い 意識調査で判明したAIDSのあやふやな知識

公開日: 更新日:

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、ロックバンド「クイーン」を中心に、ボーカルのフレディ・マーキュリーの半生を描いて話題を呼んだ。その名場面のひとつが、フレディへのAIDS宣告とバンドメンバーへのAIDS報告だろう。

 エイズ予防財団とバイオ製薬大手ギリアド・サイエンシズは18日、HIV・AIDSに関する意識調査の結果を発表。その結果、「HIVに関する知識を持っていますか」との質問には、52.4%が「はい」と回答。「いいえ」を約5ポイント上回ったが、正しい知識が定着したかというと、疑わしい現状が浮き彫りになった。

 それを決定づけたのが、「HIVは『死に至る病である』と思いますか?」の問い。4分の3近い71.8%が「はい」と答えている。対象は、20~50代の男女500人で、ネット調査。映画は若者にも人気だったから、映画の影響があったか。現状は、フレディが亡くなった1991年とは全く違うのだが、「いいえ」は3割に満たない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る