7割が勘違い 意識調査で判明したAIDSのあやふやな知識

公開日: 更新日:

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、ロックバンド「クイーン」を中心に、ボーカルのフレディ・マーキュリーの半生を描いて話題を呼んだ。その名場面のひとつが、フレディへのAIDS宣告とバンドメンバーへのAIDS報告だろう。

 エイズ予防財団とバイオ製薬大手ギリアド・サイエンシズは18日、HIV・AIDSに関する意識調査の結果を発表。その結果、「HIVに関する知識を持っていますか」との質問には、52.4%が「はい」と回答。「いいえ」を約5ポイント上回ったが、正しい知識が定着したかというと、疑わしい現状が浮き彫りになった。

 それを決定づけたのが、「HIVは『死に至る病である』と思いますか?」の問い。4分の3近い71.8%が「はい」と答えている。対象は、20~50代の男女500人で、ネット調査。映画は若者にも人気だったから、映画の影響があったか。現状は、フレディが亡くなった1991年とは全く違うのだが、「いいえ」は3割に満たない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る