収入が少ない人こそ実践を お金が貯まる「4つのステップ」

公開日: 更新日:

「当時の収入は20万~25万円程度。それでも少額でもいいから、もしものためにお金を貯める。そう思い、月々の収支をきちんと把握し、まず実行したのは固定費の見直しでした」(黒田氏)

 職場までは遠くなるが、それまでの住まいよりも3万円ほど家賃の安い場所に引っ越した。一人暮らしで日中は仕事、友人との飲食も多くない。携帯電話は最安料金にしていた。光熱費や食費、通信費、小遣いなどは使い過ぎというほどに使っていなかったが、それでもやりくりして月1万円前後のお金を浮かせた。

「だいたい毎月4万円、多いときで5万円近い貯蓄ができるようになったのです。お金を貯めようと思うことで、そのために何をするか考え、実際に行動することで無駄な支出がなくなっていったのです」(黒田氏)

 収入が少なくて貯蓄できないのは、言い訳にすぎないことが多い。黒田さんは、少ない収入でも、「もしもの備えに」という貯蓄プランを持って実行に移した。貯蓄しようと思えばできるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る