年末年始の使い過ぎ防止に 思い切って「クレカ断ち」を

公開日: 更新日:

 クレジットカードは使いやすく、後払いで買い物ができて、ネット通販などの支払い手続きが簡単、分割払いや海外での利用も可能で、多額の現金を持ち歩かずにすむ。このようにクレカは便利な機能を持っている。

 現金がなくても買い物できるという利点は、半面で金銭感覚を狂わせて、使い過ぎるというリスクもはらんでいる。使い方を誤ると最悪のケースでは、自己破産する恐れもある。例えば……。

●部下や取引先との飲食では割り勘にせず、カードで払うことが多い

●夫婦で家族カードを使っているが、互いに相談せずに大きな買い物をしてしまう

●家電が壊れたので、急な買い替えのためにカードで買い物をした

●急な出費が重なって、カード払いで対応した

 といったケースでは、クレカ代金の引き落とし日に金策せざるを得ない。そんな経験を反省して、使い過ぎを戒めるならば一度の失敗で終わり、貯蓄も再開できる。しかし、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る