年末年始の使い過ぎ防止に 思い切って「クレカ断ち」を

公開日: 更新日:

 クレジットカードは使いやすく、後払いで買い物ができて、ネット通販などの支払い手続きが簡単、分割払いや海外での利用も可能で、多額の現金を持ち歩かずにすむ。このようにクレカは便利な機能を持っている。

 現金がなくても買い物できるという利点は、半面で金銭感覚を狂わせて、使い過ぎるというリスクもはらんでいる。使い方を誤ると最悪のケースでは、自己破産する恐れもある。例えば……。

●部下や取引先との飲食では割り勘にせず、カードで払うことが多い

●夫婦で家族カードを使っているが、互いに相談せずに大きな買い物をしてしまう

●家電が壊れたので、急な買い替えのためにカードで買い物をした

●急な出費が重なって、カード払いで対応した

 といったケースでは、クレカ代金の引き落とし日に金策せざるを得ない。そんな経験を反省して、使い過ぎを戒めるならば一度の失敗で終わり、貯蓄も再開できる。しかし、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る