【水ダコ柔らか煮】すりこぎで形が変わるまで叩きまくる

公開日: 更新日:

登喜和鮨(新潟・新発田)

 新潟でタコといえば水ダコだそう。他の地域でもスーパーでは北海ダコの名で売られている。普通は刺し身で食べるが「火を入れるともっとうまくなりますよ」と小林さん。

 しかし、タコを煮るのは難しい。どうしても硬くなるイメージがある。「そこで……」と小林さんが取り出したのはすりこぎ。

「これで叩いて、叩いて、叩きまくるんです」

 叩け、叩けってあしたのジョーか。形が変わるくらい叩くとタコの筋肉繊維が潰れ、煮ても硬くならないという。それを煮汁でしっかり1時間近くかけて炊く。

 出来上がったタコはすっかり元の形に戻って一安心。さあいただこう。さっくりとした歯ごたえを残し、ほろほろと口の中でほぐれていく。この食感はボイルダコでは無理という。

 それにしてもタコの香りが強い。特に水ダコは煮るとマダコより香りが引き立つそうだ。だからワサビではなくカラシが合う。それを粒マスタードにすれば、ウイスキーもいけそうだ。秋の夜長にタコ煮とハイボール。最高だ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る