大嶋啓介
著者のコラム一覧
大嶋啓介講演家、実業家

1974年、三重県桑名市生まれ。04年、居酒屋「てっぺん」設立。独自の「公開朝礼」がメディアに取り上げられ、年間約1万人が朝礼見学に訪れる。現在、全国予祝キャラバンツアーを開催中。著書「前祝いの法則」ほか。

うまくいった未来をイメージし先取りして前祝いする予祝

公開日: 更新日:

「うまくいったときをイメージして、先に喜び、前祝いすること。昔の日本人は、これを予祝と呼んでいたそうです」

 居酒屋「てっぺん」を手掛けた実業家であり、講演家でもある大嶋啓介さん。現在、全国に「予祝(よしゅく)」を広めようと、「全国予祝キャラバンツアー」を開催している。

 予祝の起源には諸説あるが、春の花見も、地域によっては、秋の豊作を願い、かなったかのように前祝いする意味があったという。

 大嶋さんが「予祝」の力を再発見したのは、友人である作家のひすいこたろうさんから話を聞いた時のことだった。

 ひすいさんは、伊勢神宮で「日本古来の夢のかなえ方」を聞く。

 それは、「人が今日一日を喜びとともに生きること」。それが神様の意にかなうことであり、夢をかなえる最高の方法だという。大嶋さんはピンときた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る