米国では3組に1組が…“オンライン婚”夫婦が別れないワケ

公開日: 更新日:

 事件の温床となることもあるネットでの出会い。大阪の小6女児もオンラインゲームを通じて知り合った男に誘拐されている。ネットのやりとりだけで、一度も会ったことがない相手を信頼するのは、やはりリスクが高そうに思えてしまう。

 ところが意外なことに、実際はネットで婚活をすると相性が良い異性を見つけられるらしい。夫婦の3組に1組が婚活サイトやSNSを通じて知り合った相手との“オンライン婚”という米国で、2013年に行われた調査によると、ネット婚活やSNSなどオンラインで知り合った夫婦の離婚率は、知人の紹介や恋愛結婚のカップルよりも2割も低かった。

 男女問題研究家の山崎世美子氏は、「原理はお見合いと同じです。ホテルなどで会うのがネットに変わっただけ」と言う。お見合いは、写真で相手の顔を確認し、学歴や趣味、職業、身長などのプロフィルも丹念にチェックし、これだという相手を選ぶ。ネット婚活でも、複数の候補を比較し、メールでやりとりもして、気になった人に会う仕組みである。確かに共通項は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る