【糸ウリと焼きナスのひたし】2種類のダシのハーモニー

公開日: 更新日:

登喜和鮨(新潟・新発田)

 糸ウリもナスも旬は夏。だが今や真夏の果物スイカも冬に食べられる時代。秋冬に涼しげな一品をいただくのも一興だ。

 ナスのおひたしは、個人的に大好きな料理。口に入れた途端、ジュワッとダシがあふれ出てくるのがタマらない。今回は糸ウリとの共演だ。茹でるとほぐれてそうめん状になることから、そうめんカボチャとも呼ばれる。

 ガラスの容器にナスと糸ウリが上下重なって出てきた。まずはナスから。ほんのりついた焦げの香りが食欲をそそる。吸い地のほのかな塩気が爽やか。続いて糸ウリ。シャリシャリとした食感がたまらない。ん? ナスのダシと違う?

「ええ。少し濃いめにしています。異なる味が口の中で合わさることで、よりバランスがととのい、深みが出るんです」

 なるほど、今度は両方をよくまぜて一緒に食べてみた。先ほどとはまた違う複雑な味に変化。手間はかかるが覚えておきたいテクニック。男の料理の幅が広がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る