引っ越し難民問題の最終手段「自力で引っ越し」という裏技

公開日: 更新日:

 年も明けたばかりだというのに、引っ越し業者への予約はすでに始まっている。業者がつかまらず、引っ越しを断念する「引っ越し難民」という問題が続いているのだ。娘の1人暮らしを控える親も気が気でない。

 昨年の朝日新聞の報道によれば、3月に東京都から静岡県に単身で転居する予定の女性が費用の見積もりを依頼したところ、業者から提示された料金は「40万円」を超えていたという。

 日本全体の転居数は年間約535万人。そのうちの3割強が3月と4月に集中。昨年はとくにヤマトHD傘下の引っ越し会社が事業改善命令を受けていたこともあって、全体の料金が高騰した。

 引っ越し料金比較サービス「引越し侍」によると、3月から4月の繁忙期の平均料金は単身が12万9756円、家族向けが21万1762円。家族向けは16年の16万9091円から4万円以上も高くなっている。今年は消費税増税もあり、さらなる値上がりは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る