同時期発生は必然 プレートがつなぐ火山噴火と茨城の揺れ

公開日: 更新日:

 太平洋プレートの西側に存在するフィリピン海プレートは、千葉南西沖からフィリピンまで続く。近年、活発な太平洋プレートは、フィリピン海プレートの下に潜り込み、圧力をかけ続けている。プレートの活動で生産されたマグマが噴出するのが噴火で、地面が揺れるのが地震。フィリピンの噴火と茨城の地震が同時期に発生するのは必然なのだ。

 フィリピン海プレートが動けば、首都直下や南海トラフ地震につながる。立命館大教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

「フィリピン海プレートが大きく動けば、九州の西から台湾の北にかけて存在する琉球トラフでの地震も要注意です。南西諸島、九州に加えて、鳥取など中国地方の日本海側も大きく揺れることになるでしょう」

 地震対策をすぐ始めたほうがいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  4. 4

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  5. 5

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  6. 6

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    米倉涼子や柴咲コウが独立 “円満”強調と個人で活動の意図

もっと見る