【オイルサーディンのパプリカ香るシェリー蒸し】酒が進む

公開日: 更新日:

バル・センブラドル(東京・銀座)

 こりゃもう断然、シェリーを家に置きたくなった。問題は最初の1本を何にするか。

「それはやはり『ティオ・ぺぺ』でしょう。フィノの代表的な銘柄で、松田優作や吉田茂が愛飲したことでも知られています」(須釜さん)

 そうそう、ドラマ「探偵物語」にも登場したティオ・ペペ。当時は謎の酒だったが、今でも十分ツウ好み。それを選んだ優作はやはりすごい。

 吉田茂が好んだのは「イギリス留学経験があるからでしょう」と須釜さんは言う。というのも、シェリーは英仏戦争で流通が途絶えた仏ワインの代わりに造られ、もっぱらイギリスで飲まれていたから。ちなみにその時に持ち込まれたシェリー樽を使って熟成されたのがスコッチウイスキー。シェリーの方が歴史が古いのである。

 そんな“違いの分かる男”たちが愛した酒に合わせたいのがこちらの料理。簡単だが恐ろしいほど酒が進む。隠し味はシェリーとパプリカ粉。パプリカ粉はスペイン料理によく使われる香辛料の一種で、辛味はないがカツオ節のような香りとうま味を料理に加える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る