【干物とジャガイモのアンチョビー風味のバターソテー】干物の常識が変わる

公開日: 更新日:

ARMONICO(東京・代官山)

 和の食材を使ったイタリアンのツマミの中でも、最も驚いたのがこの「干物とジャガイモのソテー」だ。ご飯のお供、日本酒のアテのイメージだった干物の常識が変わった。

「ポイントはタマネギです。しんなりするまで弱火で炒めると自然な甘味が出ます。そこに干物やアンチョビーの油と塩味がちょうどよい具合に絡まるのです」(佐々木シェフ)

 ヨーロッパでも、干した魚や貝を使った保存食はあるそうだ。フードプロセッサーでペースト状にし、パンにつけて食べるのだという。干物はアジでも、カマスでもなんでもいい。カジュアルなメニューだが、「日本で食べるイタリアンは米国経由で入ってくるので、ピザやパスタとかカジュアルな印象がありますが、本土にも和食でいう割烹みたいな高級店から定食屋まで幅広くあります」(佐々木シェフ)。

 今回のメニューも、コースの一品として出されてもおかしくない。少し冷やした赤ワインにピッタリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る