【干物とジャガイモのアンチョビー風味のバターソテー】干物の常識が変わる

公開日: 更新日:

ARMONICO(東京・代官山)

 和の食材を使ったイタリアンのツマミの中でも、最も驚いたのがこの「干物とジャガイモのソテー」だ。ご飯のお供、日本酒のアテのイメージだった干物の常識が変わった。

「ポイントはタマネギです。しんなりするまで弱火で炒めると自然な甘味が出ます。そこに干物やアンチョビーの油と塩味がちょうどよい具合に絡まるのです」(佐々木シェフ)

 ヨーロッパでも、干した魚や貝を使った保存食はあるそうだ。フードプロセッサーでペースト状にし、パンにつけて食べるのだという。干物はアジでも、カマスでもなんでもいい。カジュアルなメニューだが、「日本で食べるイタリアンは米国経由で入ってくるので、ピザやパスタとかカジュアルな印象がありますが、本土にも和食でいう割烹みたいな高級店から定食屋まで幅広くあります」(佐々木シェフ)。

 今回のメニューも、コースの一品として出されてもおかしくない。少し冷やした赤ワインにピッタリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る