【アホのスープ】究極の飲むつまみ

公開日: 更新日:

バル・センブラドル(東京・銀座)

 さて、シェリーに合うつまみ、後半戦。今回はちょっとレベルが上がって、テーマは“スープで飲(や)る”だ。

「アホとはスペイン語でニンニクのこと。そのスープは冬の定番で、体が温まりますし、もちろん酒のつまみにもなります」

 レシピと作り方だけ見るとちょっと難しそうだが、「一度覚えてしまえば簡単」と須釜さん。味の決め手はやはりシェリーを入れること。ポイントは最初に入れて加熱することで、より味にコクが出る。実はコンソメスープの完全なレシピにはシェリー、特にフィノを入れるのが決まりなのだとか。

 そしてベーコンとスモークパプリカ粉でダブルに薫香を利かせる。これでぐっと大人のつまみになる。

 さらにパン・ド・ミというフランスの食パンを入れると、お麩(ふ)みたいなトロトロ&フカフカな食感になってタマらん!

 いざ完成。鍋から器に注がれた時の芳醇(ほうじゅん)な香りといったら!

「これがシェリーの香りです。味もコクがあるでしょ。白ワインでは余計な酸味が出て、こうはいきません」

 シェリーのうま味成分で減塩効果も。中高年にはありがたいが、問題はうますぎて飲みすぎること。ま、シェリーは後に残らないからいいか……って言い訳しながら飲むのは酒飲みの悪いクセだな。

《材料》 
・ニンニク(スライス) 3片
・オリーブ油 30㏄
・パプリカ粉 適量
・ベーコン 適量
・コンソメスープ(市販品) 300㏄
・フィノシェリー 30㏄
・パン・ド・ミ(食パンでも可) 6分の2カット
・卵(溶き卵) 1個

《作り方》 
(1)オリーブ油をひいた片手鍋でスライスニンニクを弱火で炒め、香りが出たらパプリカ粉を入れ、さっと加熱する。
(2)コンソメスープ、シェリー、ベーコンを入れ、さっと沸かす。
(3)パン・ド・ミ、溶き卵を入れ、加熱したら器に盛り完成。

▽須釜伸一郎(すがま・しんいちろう)
 茨城県五霞町出身。大学時代からバーやレストランで働き、25歳で銀座のシェリー専門店の社員に。30歳の時にスペインを旅し、さらに、シェリーの深みにはまる。2016年に独立、バル・センブラドルをオープン。深い知識と情熱から、人呼んで“シェリーの宣教師”。

▽バル・センブラドル
 シェリー専門のスタンディングバー。センブラドルとは“種まく人”という意味。食材とシェリーの相性の種をまき、多くの人が集まる店をと名付けた。辛口のマンサニーリャから極甘口のペドロ・ヒメネスまで常時約12種類のシェリーを揃える。1杯1100円~。シェリーと相性抜群のタパス(小皿料理)は500円~。

東京都中央区銀座6―3―17悠玄ビル別館1F角
℡070・4377・9839
17時半~23時(土祝は17~22時)、日休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る