嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

ダシは神業…心斎橋「梅市」は雄大な大阪割烹の生き残り

公開日: 更新日:

 西天満のバー「蓮」のマスター、食通の中川さんから、ダシは「梅市」に限ると聞いて通いだした。ミナミで暖簾を掲げて間もなく40年。ご主人の奥田高光さんはこわもてで、若い衆に「おまえ、ちゃんとやったんかえ?」「偉なったんやな」などとブチブチ言いながらカウンターに立つ。

「こないだもね、若い子が鯛のあら炊き教えてください言うてきたから作らせたらなかなかうまいんですわ。せやけど100回全部おんなじ味に仕上げんとあかんねんでと教えたんやけど、お礼が缶コーヒー2本ですわ」

 棘が潜む言葉の端々に優しさがにじみ出る。

 高校生の時、森繁久弥さんと八千草薫さんが夫婦で寿司屋をやっているドラマを見て、寿司をタダで食えるのはええなぁと思って料理の道へ。お姉さんが料亭大和屋の芸者さんをやっていたご縁で、料理長の今和泉明氏を紹介され、師事した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る