成長が続く企業を見極めるために確認すべき2つのポイント

公開日: 更新日:

 先週は中国発の新型ウイルスの症例が米国でも見つかったことから、米国株は一時的に下げた。これまで上昇が続いてきただけに、リスクが表面化すると利益確定売りが進んで、行き過ぎた下落が生じる可能性がある。

 とはいえ、サラリーマン投資家が、このような急激な変化に対応するのは難しい。一時的な株価の下落があっても、安心して保有が続けられる銘柄に投資しておくことこそ重要だ。言い換えれば「成長が続く企業」となるが、見極める指標のひとつにキャッシュフローがある。

 これは企業の現金の動きを示すものだ。どんなに利益を出している企業でも手元に現金がなければ、運転資金を確保できないし、将来のための投資も難しい。キャッシュフローには、営業、投資、財務の3種類があるが、とくに注目すべきは営業キャッシュフロー。本業で現金を稼ぎ出す力を表す数値だ。この営業キャッシュフローが順調に伸びているか、同業他社と比較して優位かなどをチェックするといい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る