成長が続く企業を見極めるために確認すべき2つのポイント

公開日: 更新日:

 先週は中国発の新型ウイルスの症例が米国でも見つかったことから、米国株は一時的に下げた。これまで上昇が続いてきただけに、リスクが表面化すると利益確定売りが進んで、行き過ぎた下落が生じる可能性がある。

 とはいえ、サラリーマン投資家が、このような急激な変化に対応するのは難しい。一時的な株価の下落があっても、安心して保有が続けられる銘柄に投資しておくことこそ重要だ。言い換えれば「成長が続く企業」となるが、見極める指標のひとつにキャッシュフローがある。

 これは企業の現金の動きを示すものだ。どんなに利益を出している企業でも手元に現金がなければ、運転資金を確保できないし、将来のための投資も難しい。キャッシュフローには、営業、投資、財務の3種類があるが、とくに注目すべきは営業キャッシュフロー。本業で現金を稼ぎ出す力を表す数値だ。この営業キャッシュフローが順調に伸びているか、同業他社と比較して優位かなどをチェックするといい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る