柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

公開日: 更新日:

 公的年金はそんなに多くなくても、それ以外の収入がある人は、その分が結構な収入になり生活に余裕があったかもしれません。ところが、これからは年金以外の収入もチェックされ、控除が減らされます。

 例えば、マンション投資などの収入が1000万円を超える場合は、さらに10万円、2000万円を超えると20万円、控除額が引き下げられます。

■会社任せにしない

 一般的に公的年金などの収入が年間400万円以下、他の収入が年20万円以下なら確定申告は不要です。ですが、控除額が引き下げられた分を取り戻す還付を受けるために、しっかり自分自身で確定申告をすることです。

 例えば、医者にかかったら、医療費控除を受けるために領収書をきちんと保管しておきましょう。通院費、歯医者、交通費なども含めて家族で10万円以上(総所得200万円以下の人は5%以上)なら控除対象になります。ただし、ビタミン剤や漢方薬、予防接種、自家用車でのガソリン代や駐車場代は対象外。電車やバスなど公共交通機関を利用しましょう。

 アルバイトをしている学生の子供は「勤労学生控除」として最大27万円が控除されます。生命保険料や個人年金保険などに加入していれば最大12万円、地震保険料は同5万円が控除されます。個人型確定拠出年金(iDeCo)は積み立てた全額が控除されます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る