【長芋とアボカドとねぎとろの三色ユッケ】洋風ばくだん

公開日: 更新日:

魚料理もつ鍋 山咲き(千葉・市川)

 桃、白、緑の3層に海苔の黒、卵黄がのっかるさまはケーキ。もったいないが、タレをかけて壊す。混ぜる。別添えの黒々とした海苔に具をのせる。ちょっとしたイベントだ。口に運ぶと、シャリシャリ、パリパリ、いろいろな食感が楽しい。

「有明の海苔を使っています。お客さんに築地の海苔問屋さんがいて、大将、海苔何を使っているの。海苔は大事だよと言われ、変えてみたら全然違いました。海苔を変えてからおにぎりもおいしいと言われるようになったんです」

 東京湾に面する市川ではそもそも海苔は地のもの。それではねぎとろもこだわらなきゃだめか。

「スーパーで売っているねぎとろでいけますよ」

 寿司屋のばくだんのかやく(具材)は一般的にねぎとろ、長芋、納豆だが、納豆の代わりにアボカドにしたことで白ワインもいける。冷酒なら三重の而今がおすすめだとか。ぜひ、ちょっと奮発した海苔で巻いてみてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  3. 3

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る