アルバイトで充実感取り戻す 悠々自適とむなしさは紙一重

公開日: 更新日:

中島文夫さん(69歳・駒沢大卒)#2

「死ぬこと以外はかすり傷」が座右の銘だという中島文夫さんの趣味は、スポーツ。やるのも、見るのも大好き。

 中島さんの家には、ブルーレイレコーダーが、リビングと自分の部屋にそれぞれあるという。

「同時間帯に最大4番組が録画できるのだけれども、『J SPORTS』や『ゴルフネットワーク』などの専門チャンネルに加え、NHK・BSや民放でもスポーツ中継が放送されるからレコーダーは常にフル稼働です」

 しかも、スポーツ番組に加え、ドキュメンタリーや紀行ものの番組も好きで録画するから、「録画がたまる一方」だという。その消化のため、出版社を退職してからは一層、テレビにかじりついた。ずっと座っているのも体に悪かろうと散歩やスポーツジムにも積極的に出かけるようになった。

 そんな生活が退職後1年間続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る