パトリック・ハーランさん BDケーキは“レッドベルベット”

公開日: 更新日:

 米ハーバード大卒で東工大非常勤講師を務めるパトリック・ハーランさん(49)は、お笑いコンビ「パックンマックン」としてインテリ芸人の顔を持つ。だが、意外や、貧しい家庭環境で育ち、思い出は誕生日にお母さんが作ってくれた「レッドベルベットケーキ」。

  ◇  ◇  ◇

 父は米空軍アカデミーの教官でした。実家のある街や遠隔地に4年おきに転勤しましたが、母・ナンシーと住んでいたのはコロラド州コロラドスプリングスでした。僕が7歳の時に親が別居、翌年に離婚。2年間は母と姉と3人家族でしたが、その後、父が姉を引き取って2人きりの生活になり、僕は母の女手ひとつで育てられました。

 母は銀行や保険会社、出版社、電気測定器メーカーなどで仕事をしてなんとか生計を立てたが、コロラドは景気が悪く、失業と就職を繰り返すギリギリの生活でした。生活保護をもらった時期もあります。高校の時に、母は学費を借り大学院で修士を取って小学校の先生になりました。そこで初めて安定しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る