小林幸子さん お正月には雑煮にした郷土の味「のっぺ汁」

公開日: 更新日:

 デビューが早かったから、私にとっての子供時代は故郷の新潟で過ごした10歳まで。15歳で両親と姉2人が上京するまでは1人で生活し、それからは東京で家族一緒に暮らしました。でも、今も夢に出てくる母の顔は新潟にいた頃の30代の母なんです。新潟の家のこともすぐに思い出せるくらいよく覚えています。

 父・喜代照は新潟鉄工所に勤めるサラリーマン、母・イツは専業主婦でした。ところが、母が「日本は米国に戦争で負けた。これからは肉の時代が来る」と、私が生まれた頃に自宅を改装して肉屋を始めた。新潟は海があるから魚屋は山ほどあると言って。母が作るコロッケはひき肉を入れたカレー味。ちょっとハイカラでとても人気でした。当時は五月みどりさんが歌う「コロッケの唄」がはやっていたんですよね。「今日もコロッケ 明日もコロッケ」って。

 店は繁盛して、父が会社から帰ってくると店には長蛇の列ができていたんです。それで、「会社勤めなんかやっている場合じゃない」と会社を辞めて一緒に店をやるようになって。店の右側のお肉は父、左側の総菜が母の担当でした。両親は忙しいから、末っ子の私は手がかからないように店の真ん前でお古の乳母車に乗せられて。お店に来たお客さんがあやしてくれると私はだれにでもニッコリ。おかげで、新潟で人見知りしないという意味の「もじけない」子供に育ちました。

 母はニコニコして余計なことを一切言わない人でした。でも、商売が上手で、ポテトサラダを買った人に小さな声で「オマケしておきます」なんてね。

「さっちゃん、遊ぼう」とやって来る近所の子がいたのも母がコロッケをあげたりしていたからかな。みんなリピーターになった(笑い)。

 お店にはまだ珍しかった、豚肉で作った本格的なソーセージやチーズも時々並んでいました。当時としてはぜいたくだったかもしれませんね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日