神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

日本人の昼食軽めは江戸文化がルーツ もともとは朝夕の2食

公開日: 更新日:

 きょうの昼めしは何にしようと考えたとき、「昼だから軽くすまそう」と思う人が多いだろう。若い人は、ファストフードですませることも多いと思う。

 ところで、このファストフードというのはマクドナルドのためにできた言葉である。最近ハヤりのスローフードも、マクドナルドに対抗するためにできた言葉だ。そして実は、日本人はファストフードが大好きで、全ヨーロッパを足した数よりも日本の方がマクドナルドの数が多いのである。人口から考えるとかなりの比率といえる。

 それに加え、立ち食いそばや牛丼など、手軽な昼めしであふれている。

 これは日本人と昼食の関係を示した習慣なのである。日本にはもともと昼食というものがなくて、朝と夕食の2食だった。3食になったのは江戸中期以降といわれる。それで昼食は軽めなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る