西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

めり乃銀座店 腸活・発酵鍋で新型ウイルスをはね返そう

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響でJリーグも試合が延期になり、他スポーツも無観客だったり、サッカーと同じように延期になったり、大きな影響を受けています。早く終息に向かいますように――と心から祈っています。

 うがい、手洗い、咳エチケットは普段から習慣付けたいですし、栄養バランスの取れた食事、質も量も適切な睡眠、適度な運動などで<免疫力を高める>ことも大事!

 そこで「腸の働きを整えたい」と思って行ってきました。「しゃぶしゃぶ 焼肉食べ放題 めり乃 銀座店」です。

 銀座・数寄屋橋交差点にあるビルの9階。キラッキラの銀座のパノラマを眼下に望みながら「腸活“発酵鍋”!甘酒チーズラムしゃぶ」をオーダー。ラムしゃぶ+タンしゃぶ食べ放題とソフトドリンク飲み放題を付けました。値段は4780円。ちょっとぜいたくをしてしまいました。ウフフ。

 発酵鍋スープには甘酒にパルメザンチーズ、カマンベールチーズ、ヨーグルトなどが入っているので乳酸菌、酵母菌、麹菌などがいっぱい。これだけでも腸内環境整備にバッチリ。そして食物繊維たくさんのマイタケ、エノキ、ジャンボなめこ、カキノキダケといったキノコ類を好みの茹で具合にします。そして「ヨーグルト胡麻味噌だれ」につけて食べます。おいしくてカラダにも◎。幸せな気分になってしまいます。   メインのひとつ、牛タンは“まな板”のような平たい木製の器にびっしり“張り付けた”みたいにして目の前に出てきました。その瞬間、ついつい「うおぉ~っ!」と叫んでしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず