西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

鮪喜(恵比寿)集中力アップ!新鮮な鮪は受験生の味方です

公開日: 更新日:

 いよいよ本格的な受験シーズンの到来です。

 ラストスパート真っただ中の受験生さん! 優しいサポートに精いっぱいのご両親さん! 勉強に没頭し過ぎて生活リズムが乱れ、食生活もおろそかになって体調を崩す――なんて事態は、絶対に避けなければなりません。今、受験生に必要なのは<集中力と記憶力と判断力>です。そこで恵比寿の<鮪喜(つなき)>に行ってきました。

 店名で、もうお分かりですよね。<鮪>には、魚類の中でも脳や神経の発育を促し、記憶力などを高めるDHAが多く含まれているんです!

 お店には、ランチの時間にお邪魔しました。メニューは8種類。980円の定食、1060円の鮪丼、1180円のにぎりセット、天丼などから「ちらしセット」をチョイスしました。海の幸がタップリ敷き詰められ、彩りのあまりの鮮やかさにウットリしつつ、やっぱり鮪から先に箸を伸ばしてみました。

 口に入れた瞬間に鮮度の良さ、とろけるような口触りが伝わり、もちろんメッチャおいしい! その上にDHAが、ワタシの集中力などを高めてくれるなんて……お利口さん過ぎます。ウフフ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍