西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

祇園茶寮×タニタカフェ(千葉・柏市)ウニのコタツいらず

公開日: 更新日:

 9日はJリーグのプレシーズンマッチ「第25回ちばぎんカップ」が行われ、ジェフ千葉VS柏レイソルの模様が、ららぽーと柏の葉店でパブリックビューイングとして開催されました。レイソルびいきのワタシは、地元サポーターと一緒にレイソルを熱烈応援。見事に2―0の勝利をつかみ取りました。今季Jリーグの開幕は21日。幸先の良い勝利に浸っているところです。ウフフ。

 さて! イベント終了後、前から気になっていた店にゴーです。体重計など計測器大手タニタと祇園茶寮がコラボレーションした<柏の葉店>にお邪魔したのです。

 コラボメニューの<アボカドと焦がしチーズのわさびマヨネーズバーグ1550円+税>、祇園茶寮の<炙りウニと湯葉のあんかけオムライス九条ネギ添え1390円+税><ローストビーフと温泉卵のひつまぶし1440円+税>など、豊富なメニューに目移りしながら<ウニとトビコのクリームドリア1240円+税>を注文しました。

 まず<カボチャ、がんもどき、オクラの3種のデリ>に箸を伸ばしました。炭水化物など糖質主体の食べ物の前に消化吸収に時間のかかる<食物繊維>を先に食べると血糖値の急上昇を抑えてくれますし、余分な糖質や脂質の排出効果も期待できます。しっかり味わってからクリームドリアにスプーンを入れました。

 チーズの芳醇な香りにウットリしつつ、ウニと米を同時に食べてみました。ウニの舌触りに感動しながら、濃厚さと甘さの両方を堪能しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍