「串タロー」など展開 「スターツ」の柴田育男社長の巻<5>

公開日: 更新日:

小料理 kokoro(東京・西新宿)

 仕事を終えて女将さんの店で一杯飲むと、ホッと落ち着きます。こちらの店も、そんな店です。カウンター10席と向かい合わせ2人掛けのテーブルが1つ。女将さんひとりで切り盛りしているだけに、カウンター中心です。

 料理は、加賀野菜を中心とした品揃え。たとえば、この日のポテサラ(680円)に使われている芋は地元の五郎島金時でサツマイモ。ほどよい甘さとホクホクした食感が特徴とか。シイタケのバター醤油(1個580円)は、原木生シイタケとして知られる、のと115で、スーパーのぺらぺらとは一線を画す存在感です。

 からし菜のおひたし(580円)もいいし、あいまぜ(580円)もいい。あいまぜは、大根やニンジン、ゴボウなど根菜を煮込んだ伝統料理。

ひと工夫された加賀野菜と気配りにホッとする

 聞けば、女将さんは金沢出身で、実家は八百屋さん。近江市場の仲買人だったとか。なるほど、貴重な加賀野菜がふんだんに使われているわけです。

「おひとりさまには、1人分にしてお出しすることもできます」

 この気遣いがいい。お客さんをお連れすると、どの料理も、それぞれ1人分に分けてくれます。友達同士なら遠慮せずに一皿をつつくことができても、男性同士で相手がお客さんだと“遠慮のかたまり”が残ってしまうことはよくありますからね。こういうちょっとした気遣いは、たまりません。

 日本酒は純米酒のみ。女将さんが熱燗好きとあって、迷ったら熱燗がいい。「これが好きすぎて蔵元さんとコラボしちゃったんです」と出してくれたのは、島根の天穏でした。一升瓶には、蔵元と店の屋号が描かれています。お邪魔した少し前は、「イベントにも出させていただきました」と笑顔に。

 もちろん、ビール(600円)やレモンサワー(600円)も揃えています。でも、こちらではお薦めの日本酒か、あるいは「自然派のみ」というワインにするといいでしょう。ご機嫌でチョイスしてもらえます。

 日本酒は半合450円~、ワインはグラス600円~。良心的な値付けです。

 加賀といえば、名物は治部煮(1280円)。鶏と車麩がほっくりと煮込まれていて、いいあんばい。鶏の唐揚げ(980円)は、和山椒がアクセントに。でも、金沢春菊と豚肉の春巻き(680円)も気になる。

「春巻きはきょうで終わりなので、しばらく食べられませんよ」

 じゃあ、春巻きで。日本酒をちびちびやってしゃべりながら待っていると、「ヤケドしないでください」と2つに切り分けられた1本が。はふはふして口に運ぶと、春菊の茎が歯触りよく、豚肉はしっとり。ん、ひょっとしてリエット風?

「そうなんです。だから手間がかかって。それでお休みです」

 フレンチ出身のオーナーシェフの店での修業経験が生かされています。ちょっとした気配りと工夫がよく、応援したくなるお店です。

(取材協力・キイストン)

▽小料理 kokoro(東京・西新宿)
東京都新宿区西新宿7―9―15 新宿ダイカンプラザビジネス清田ビル102
℡03・6279・2407

▽スターツ新宿に「串タロー」を6店舗展開するほか、もつ鍋「金太郎」2店なども運営する。

▽しばた・いくお 中央大学を卒業後はセブン―イレブンに入社するも3年で退職。友人の串焼き店で修業し、1985年に目白に「串タロー」をオープン。キャリア35年で1店の退店もない。「契約の問題で目白の店は閉めましたが、退店ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る