植木剪定は腰痛で断念 シルバーセンターで再び仕事探しを

公開日: 更新日:

川口真さん(67歳・早大卒)#2

 定年退職から2カ月。図書館やスポーツジム通いの毎日が物足りなくなった川口さんは、「労働がしたい」と区のシルバーセンターに登録。そこで趣味と実益をかねて、植木剪定の仕事を始めることになった。

 1日8時間労働を月に10日程度。経験を積むにつれて給金も上がるのでやりがいを感じていたが、7カ月目でやめることになった。極度の腰痛になってしまったのだ。

■やりがいのある仕事に出合ったのだが…

「ある晩の夜中、すごい激痛に襲われ、足もつったので、朝一番で病院に行ったところ、腰痛でした。慣れない中腰で長時間、枝や葉っぱの片付けをしていたので痛めてしまったようです。その後もしばらくは腰をかばいながら仕事を続けましたが、腰痛は悪化するばかり。結局やめることにしました。お世話になった班長・指導員におわびの電話をしたら、『植木に腰痛はつきものだから、仕方がない』と残念がられました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る