退職2カ月で図書館やジムに飽きてシルバーセンターに登録

公開日: 更新日:

川口真さん(67歳・早大卒)#1

 57歳まで大手素材メーカーに、その後65歳まで関連の輸送会社に勤務していた川口さん。サラリーマン生活四十数年の習慣が体に染みついたせいか、退職後も“テレビを見ながら家でゴロゴロの毎日”という生活は性に合わず、積極的に外に出た。

 朝食をすませると、朝8時30分には家を出て近くの公立図書館へ。ここで日経新聞やスポーツ新聞に目を通したあとは、真山仁や原田マハ、さらに好きな旅行の本を読んで過ごすことで午前の時間を潰した。

「図書館は、同じようにリタイアした男性がいっぱいで、ちょっと遅れると日経や日刊スポーツは借りられてしまっている。そういう時は先に本を読み、新聞が空くのを待ちます」

 午後はスポーツジムで水泳や水中競歩、さらに近くの鳥かごでゴルフの練習。そしてサウナなどで過ごすことが多かったという。体力維持のため、家から図書館、さらにジムまでの距離2キロの往復はもちろん徒歩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る