退職2カ月で図書館やジムに飽きてシルバーセンターに登録

公開日: 更新日:

川口真さん(67歳・早大卒)#1

 57歳まで大手素材メーカーに、その後65歳まで関連の輸送会社に勤務していた川口さん。サラリーマン生活四十数年の習慣が体に染みついたせいか、退職後も“テレビを見ながら家でゴロゴロの毎日”という生活は性に合わず、積極的に外に出た。

 朝食をすませると、朝8時30分には家を出て近くの公立図書館へ。ここで日経新聞やスポーツ新聞に目を通したあとは、真山仁や原田マハ、さらに好きな旅行の本を読んで過ごすことで午前の時間を潰した。

「図書館は、同じようにリタイアした男性がいっぱいで、ちょっと遅れると日経や日刊スポーツは借りられてしまっている。そういう時は先に本を読み、新聞が空くのを待ちます」

 午後はスポーツジムで水泳や水中競歩、さらに近くの鳥かごでゴルフの練習。そしてサウナなどで過ごすことが多かったという。体力維持のため、家から図書館、さらにジムまでの距離2キロの往復はもちろん徒歩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る