山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】夫婦が在宅勤務。家事バトル、子守の押し付け合いで…

公開日: 更新日:

 妻も私も在宅勤務で、小学生の娘も休校で自宅に。妻との家事バトル、子守の押し付け合いで、家族関係がギスギスしてしまって……。

 ◇  ◇  ◇

 早朝発の北陸新幹線乗車のため、地下鉄東西線の駅に向かった。

 時刻はまだ、午前6時半前だった。

 同線木場駅~門前仲町駅間は、日本一の通勤ラッシュらしい。

 が、それは午前7時半から8時台のことだ。

 ラッシュはまだ先だと、思い込んでいた。

 新型コロナウイルスの通勤対策で、「時差通勤」が奨励されている。

 時差通勤とは定刻を後方にずらし、堂々と朝のゆとりが得られるものだと、これまた勝手に考えていたが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る