山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】若者言葉に嫌悪感を抱いたら、やっぱりオジさんか

公開日: 更新日:

 先日、得意先との新年会で食事をしていると、相手方の若手が面白いことを話し始めた。

「去年の新入社員の女性、上司のことを『かわいい』って言うんです。もちろん、面と向かって言うわけではありませんが、上司に使う形容詞じゃないですよね。食事の時の形容詞を、なんでも『甘い』『やわらかい』で済ますのも嫌なんです」

 私も相手も50代前半。その若手は30歳目前。私たちがいつも感じていることをズバリ言ってくれて、スーッとした。こういう若者がいてくれてホッとするが、彼のようなタイプはきっと少数派なのだろう。若者言葉に嫌悪感を抱いたら、やっぱりオジさんか。

 ◇

 昭和40年、春。東京五輪というビッグイベント終了後で、半ば虚脱状態にあった高校生、大学生の間に。湘南エリア発、詠み人知らずの「なぞなぞ」が一気に蔓延した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る