週末ごとに広島の自宅と島根の農場に通う2拠点生活を実践

公開日: 更新日:

宮内海司さん(73歳・東京学芸大卒)#1

■1200坪の雑木林を開墾

 山口県の岩国短期大学の教授を60歳で退職した宮内海司さんは、その退職金で、島根県の邑南町に1200坪の土地を買い、農業を始めた。といっても、移住したわけではない。自宅は広島県に残し、週末ごとに島根の農場に通うデュアルライフ(2拠点生活)である。

「40代の頃から農業に憧れがあって、定年後に始めたいと思っていました。最初は苦労しましたよ。1200坪といっても雑木林の荒れた土地。手押しの耕運機やチェーンソー、草刈り機などで開拓し、枯れ葉をまいて土をつくり、畑にして、やっと野菜を育てられる。その規模を少しずつ広げて、購入した土地の半分を畑にするのに5年間かかりました」

■イノシシに負けない野菜作りに成功

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る