定年翌日から兄の会社に勤務 夢は「書店さんをめぐる旅」

公開日: 更新日:

籠宮敏治さん(71歳)#1

 71歳になる籠宮敏治さんは「働きたくても仕事がない同年代の方が多い中で、定年後も仕事にありつけている。感謝しています。これもすべて、13歳離れた兄と、現在会社を継いでいる甥(兄の長男)のおかげなんです」という。

 そもそも、最初の就職も兄のすすめによるものだった。

 大学受験に失敗した籠宮さんは「浪人するつもりでいた」が、そのことを心配した兄が、出版業界で懇意にしていた児童書で知られる岩崎書店の営業部長に相談。「籠宮さんの弟さんなら信頼できる」と、入社することになった。

 その1年後に兄が独立し、太陽出版を立ち上げた。

「兄が出版社を立ち上げたときに『5~6年したらウチに来い』という話になっていました。ところが岩崎書店での営業の仕事が楽しくなり、もう少し、もう少しで、結局、61歳の定年まで42年間、働くことになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る