マスク着用を糾弾される!米国では「感染者がつけるもの」

公開日: 更新日:

 ところ変われば――。

 日本では外出時のマスク着用はいまや普通の光景だが、マスク着用によって他人から糾弾される土地もある。

 写真(ツイッターから)は米ニューヨーク市の地下鉄のホーム。マスクをしたアジア系のカップルが地下鉄の車両から降りるとすぐ、ホームにいたパーカを着た背の高い男に暴言を吐かれた。

「俺を殺したいのか。マジで殺したいんだろう」

 どういうことなのか。日本を含めたアジア諸国ではマスクを感染防止目的で着用するが、米国では感染者がつけるものとの考えが一般的だ。3月12日付の「タイム」誌も、「米国では健常者のマスクは推奨されない。WHO(世界保健機関)のガイドラインでも、マスクは患者が着用するもの」と記されている。つまり米国ではマスク着用は「私は感染者です」という意味に受け取られるということだ。

 渡米される方はくれぐれもお気をつけください!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る