藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

【加悦SL広場】重要文化財の蒸気機関車は今月一杯で見納め

公開日: 更新日:

 去る2月11日、野村克也氏が亡くなった。氏から「京都らしさ」を感じることはついぞなかったけれど、出身が網野町だから、氏が峰山高校からプロへ進んだことぐらいは京都の人なら大抵知っている。念のため補足しておくと、網野も峰山も天橋立のある丹後の町で、この辺では福知山成美がよく甲子園に出ている。

 そんな丹後から、加悦SL広場が3月末をもって閉じられるとの寂しいニュースが入ってきた。

 京都府内とはいえ、やはり遠いから行きそびれていたものの、往年の加悦鉄道のディーゼルカーや重要文化財の123号蒸気機関車といった古典車両群を観られるのももうお終いとなっては、うかうかしてはおられぬ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る