藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

【加悦SL広場】重要文化財の蒸気機関車は今月一杯で見納め

公開日: 更新日:

 去る2月11日、野村克也氏が亡くなった。氏から「京都らしさ」を感じることはついぞなかったけれど、出身が網野町だから、氏が峰山高校からプロへ進んだことぐらいは京都の人なら大抵知っている。念のため補足しておくと、網野も峰山も天橋立のある丹後の町で、この辺では福知山成美がよく甲子園に出ている。

 そんな丹後から、加悦SL広場が3月末をもって閉じられるとの寂しいニュースが入ってきた。

 京都府内とはいえ、やはり遠いから行きそびれていたものの、往年の加悦鉄道のディーゼルカーや重要文化財の123号蒸気機関車といった古典車両群を観られるのももうお終いとなっては、うかうかしてはおられぬ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る