<5>4年間の短命…山手線内で唯一の廃止となった呉服橋駅

公開日: 更新日:

 明治42(1909)年12月16日、山手線は全線電化され、この日は山手線の代々木駅が開業し、東北線上野~田端間にも電車線が増設され山手線が直通、途中の日暮里駅にも停車した。

 さらに同じ日、品川~烏森(現在の新橋)間の電車線=京浜線が開通し、田町駅、浜松町駅、烏森駅が開業し、山手線が乗入れている。

 実は、京浜線とは線名だけで山手線の電車しか走っておらず、京浜線の電車運転開始は大正3(1914)年12月の東京駅開業時を待つことになる。

 電化開業時の山手線の運転は、烏森~品川~新宿~池袋~田端~上野間の「C」の字運転が主で、池袋~赤羽間は区間運転であった。開通に合わせて現在と同じタイプのボギー車が登場、2軸の小型車は2~3両編成で運行された。

 この電車線の増設により、新橋~品川間、上野~田端間で、長距離列車と電車の走る線路が分離された。なお、目黒駅の複線時代の写真には、架線が張られているのは2線のうち1線のみというものもあり、品川~池袋間では上りと下りで使い分けていたのではなく、1線を旅客(電車)線、1線を貨物線としていた可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る