<2>最初の新駅は目白と目黒 明治初期の行楽にちなんだ

公開日: 更新日:

「日本鉄道」品川線開業から半月後の明治18(1885)年3月16日、最初の新駅・目白駅と目黒駅が開設された。

 この両駅は江戸時代から信仰を集めていた府内五色不動(目白、目赤、目黒、目青、目黄)の中の目白不動と目黒不動にちなんで駅名が付けられたという。

 明治初期の行楽といえば、まずは寺社参詣ということで、初物の鉄道に乗って寺社参詣という人も多かったのだろう。

 なお、開業時の目黒駅は、現在と場所が異なっていた。現在の目黒駅は掘割の中にあるが、ここに移ったのは複々線化の時。現在、一段下を走る埼京線の線路が開業当時の山手線の位置で、この部分は上部で交差する三田用水を避けてトンネルになっていた。駅はトンネルを五反田側に抜けた先、首都高速目黒線をくぐる手前にあった。

 明治22(1889)年4月、「甲武鉄道」(現JR中央線)の新宿~立川間が開通した。同線の駅は「日本鉄道」新宿駅の西側に接して設けられ、貨物の直通が行われるとともに、旅客列車も1日1往復が「日本鉄道」に乗り入れ、品川経由で新橋駅まで運行された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る