髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

伊藤詩織さん問題提起「いいね」が名誉毀損になり得る根拠

公開日: 更新日:

 ジャーナリストの伊藤詩織氏が、自民党杉田水脈(みお)衆議院議員に対し、自身を中傷するツイートに繰り返し「いいね」を押したとして慰謝料など合計220万円を求め、東京地裁に提訴しました。

 元大阪府知事の橋下徹氏が、名誉毀損的投稿を「リツイート」(引用転載)をしたジャーナリストを訴え勝訴したことは記憶に新しいと思います。今回の件は、「リツイート」ではなく、賛意を示す「いいね」をすることが名誉毀損に該当するのかが争点です。

 過去には、ツイート自体が名誉毀損的内容であっても、それに対する「いいね」は同発言に対して賛同の意を示すものにとどまり、発言そのものとは同視できないとして慰謝料請求を認めなかった件もあります。

 また、発言・投稿することと、「いいね」をすることのハードルは異なると思いますので、「いいね」にも名誉毀損が成立する可能性があるとなると、その萎縮効果は大きいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る