「怖いキャラになりたい」8年かけて“異星人”になった男性

公開日: 更新日:

 かつて、ここまで外見的な変身を遂げた人間がいただろうか――。

 フランス出身のアンソニー・ロフレードさん(32)は過去8年ほど、「肉体改造」に多大な時間とお金を割いてきた。

 先週は鼻の下部を切除する手術を受けたばかり。フランスでは同手術は非合法であるため、スペインの外科医のもとで行った。またこれまでに、耳の切除手術やスプリット・タン(蛇舌)手術、皮膚の移植手術や眼球に入れ墨もした。

 これだけ変貌を遂げても、まだ完成形ではないという。仏メディアに語っている。

「幼少期から変身願望がとても強かったのです。24歳の時に警備員をしていて、ある日突然、これが自分の求める人生ではないと気づいたのです。今では変わることが日常になりました。絶えず数カ月先のあるべき姿を考えています」

 自身を「異星人」と呼ぶと同時に、「怖いキャラクターになりたい」と述べている。すでに十分怖いです、ハイ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る