下町から湾岸エリアまで…鉄道のおトクきっぷで都心を散策

公開日: 更新日:

 外が気持ちいい季節。休日には鉄道などのお得きっぷを利用して東京散策などどうだろう。都心での移動に便利な地下鉄の1日乗車券なども選択肢だが、より休日気分を味わうならエリアを絞って。早速探してみた(9月29日現在。各詳細は公式HPなどで要確認)。

 まずは下町エリア。京成電鉄の「下町日和きっぷ」を検討したい。京成線都内エリアが1日自由に乗り降りできるきっぷで、沿線の施設や店舗の優待特典も付いて、料金は大人510円。通常の運賃、たとえば初乗り140円(IC136円)でいうと、4回乗車でお釣りがくる計算だ。なお千葉県内各駅発行の場合はフリー区間内までの1往復分もセットに。料金はそれぞれ要確認。

 京成上野駅や押上(スカイツリー前)駅、柴又駅など、ぜひ乗り降りしたい駅をチェック。HPにモデルコースが掲載されているので参考にしてみて。優待特典も充実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る