全長5.7メートル!フロリダ州で超大型ニシキヘビを捕獲

公開日: 更新日:

 米フロリダ半島の南部に広がるエバーグレーズ国立公園は大湿地帯が広がる場所として有名だが、ギネス級のビルマニシキヘビが捕獲されることでも知られている。

 今月初旬、同州の魚類・野生生物保護委員会と契約するプロの「スネーク・ハンター」が、自然界では最大級とされる全長5・7メートルのビルマニシキヘビを捕獲した。ハンターのケビン・パブリディスさんは地元テレビ局にこう述べている。

「この大きさのヘビは、私が残りの人生を毎日ヘビ探しに費やしても、二度と出合えないサイズです」

 同地域には本来ビルマニシキヘビは生息しておらず、20年ほど前に人間によって放たれたものが増え続けているのだ。州政府は亜種であるビルマニシキヘビの捕獲に力を入れているが、すでに20万匹ほどに数が増えており、駆逐はほとんど無理なのが現状。それでもプロの「スネーク・ハンター」は日々、捕獲に汗を流しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る