【お題】バイト激減で実家帰りたい…甘える息子への対応は

公開日: 更新日:

 飲食店でアルバイトをしている20代の息子が泣きついてきた。「コロナでお客さんが減って、シフトを減らされた。家賃を払うと、残り4万~5万ではやっていけない。次の更新で部屋を解約して、実家に戻っていいか」と。

 息子の言い分はわからなくもないが、アルバイトはほかにもあるはず。「選り好みせず、とにかく仕事を探して稼いでみろ」というのが私の考え。しかし、妻は「仕事が見つかるまでウチに戻せばいいじゃない」という。そういう甘さが息子を弱くすると思うのだが……。

 ◇  ◇  ◇

 今回のコロナ騒動は地球規模での、人類未体験のSF級災禍だ。過去の経験が役に立たないどころか、障害となりかねない。

 ひたいに汗して働く。この規範も根底が揺れている。出社を控え、週休4日制勤務など、コロナ以前なら与太話だ。シフト変更で収入減も日本中、いや世界中のパートタイム就労者に生じているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る