池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

今あらためてVANに注目 大人のアイビーを着こなしてほしい

公開日: 更新日:

 日本にアイビーファッションを大流行させた「VAN」のことは説明するまでもないだろう。シニア世代なら中学生の頃、行きつけの「VANショップ」があったはずで、購入するともらえるノベルティーも人気に拍車をかけた。フランチャイズ制をとり、全国各地、1駅ごとVANショップを設けるなど、買いやすい環境づくりにも力を入れたことは、実家が元VANショップだったユニクロ・柳井社長の経営戦略に受け継がれているのかもしれない。だが、やがてアメリカ主体のアイビーからヨーロッパカジュアルへ流行が変化したことや、肥大した不動産事業が経営を圧迫したことで、会社は1978年に倒産した。

 しかしVANブランドは終わっていない。社員OBによって継承され、その後も今日まで継続している。大々的な広告を打たないため、広告主を偏重するファッション誌で取り上げられることがないだけで、ショップは全国に30店舗ほどあり、直営店や百貨店のインショップなどで展開されてきた。HPや公式アプリもしっかりしていて、ルックブック(カタログ)もウェブ上で見ることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る